東京のマンションを査定してもらい売却を決めました

所有していた東京のマンションを生前贈与として譲ってもらうことに

所有していた東京のマンションを生前贈与として譲ってもらうことに賃貸で貸し出すのはどうかということになりました売却するという大きな決断をすることにしました

結婚をしてから賃貸アパートに暮らして、共働きで一生懸命に貯金をしていました。
いつかマイホームを手に入れたいという強い思いがあったので、それを目標にして節約生活も苦にはなりませんでした。
そんなある時、父の葬式の時に顔を合わせてから10年以上会っていなかった叔父さんから連絡がありました。
叔父さんは若いときに結婚したもののすぐに離婚をしてから、子どももおらず、ずっと一人暮らしをしていました。
専門職として働いていたので悠々自適な生活をしていたようですが、老後は海外で暮らすことにしたということで、所有していた東京のマンションを生前贈与として譲ってもらうことになりました。
降ってわいたような話で驚きましたが、東京でも立地の良い場所にあるマンションだったので、とてもありがたい気持ちで相続することにしました。
ただ駅から徒歩10分ほどで、近くに繁華街があるなど好立地であることは間違いありませんが、今の勤め先からはかなり遠くなります。
繁華街が近くにあるので活気はあるものの、子育て環境としては微妙だというところが気になりました。
ただ今の時点では子どもがいないので、相続したマンションに住むことは家賃を支払わなくて済むので魅力的なことであることは間違いありません。
妻と話し合いをして、相続したマンションに最初は住もうかということになりましたが、通勤には不便なことは長く見ると大きな負担になってくるのではないかと考えました。

【過去記事紹介】マンションを複数の会社に一括査定。
高値で売るための定番サイト。
イエイ➡ https://t.co/BircKIrSJO pic.twitter.com/0H8SmzIif2 #マンション #査定

— ろえびに (@m_m2V) 2019年1月5日